先んずれば癌を制す! 

良くことわざで、『先んずれば人を制す!』 とありますが、他人より先に始めれば他人より有利に立てると言う様な意味でしょうか?医学の場面では、私に言わせれば、『先んずれば癌を制す!』と言う事になるでしょうか?競争する相手は他人ではなく、何時の間にか自分の体に出来た、自分の分身である腫瘍(癌)です。勝手気ままに癌に自由行動をさせてはなりません。ウッカリして放って置くとドンドンドンドン先に(体の奥の大事な所に)進んでしまいます。マダマダ小さい小癪な内に先手を打ってください。最初は馬鹿にするぐらい小さかった筈のシコリが、気が付いてみると恐ろしい位に立派な悪役顔をしています。場合によっては痛みや出血や食欲不振などの症状も出てきます。体重もドンドン減ってきます。残念ながら時間は後戻りしません。最初に見つけたあの時に遣っ付ければ良かったと後悔しても始まりません。(人間の場合も同じです。)  良く言うのは、『火事と同じです、小さな火の内に消す事が一番たやすく重要な事です。』  さて、皆さんのペットには小さなシコリは見当たりませんか?

持田製薬社製 炭酸ガスレーザー手術装置  3つのスーパーパルスモードを持っている出力30Wまで。オプションで光ファイバーも使えるようになってます。顔面や眼などデリケートな手術はお手の物。

日本赤外線工業社製 炭酸ガスレーザー手術装置  5つのスーパーパルスモードを持ち、出力30Wまで。画面などデリケートな手術はもとより、必要があれば金属までの実力派です。

しばらく体調が優れなかったのでワクチンが延び延びに為っていたのですが、やっと調子が落ち着いたのでワクチンにいらしたワンちゃんです。 気になっていたのは半年ぐらい前に発見した皮膚のシコリです。未だ小さいのですが、このまま放置して良いでしょうか?

表面に分泌物と毛ホコリが付着しています。もともと割りとワンちゃんの体力が少し弱いタイプですので、今後大きく成長する可能性が否定できませんが、体調や体力の関係で麻酔手術が少し心配との事でした。

そこで飼主様と良く相談して、最小のストレスで安全に気になる腫瘍を取り外す手段として、無麻酔による炭酸ガスレーザー手術を提案致しました。これを聞いていたワンちゃんは『オイオイ、チョッと待ってよ、今日は注射一本だけだと言ってたじゃない。そんなバナナ!ボク怖いよー。アヒィー。』と言ったか如何か判りませんが、スーパーパルスモードでの炭酸ガスレーザーの安全性に挑戦する事になりました。

レーザーで毛が燃えないように毛狩りと消毒を行います。

デリケートな手術は御手の物ですが、実際に無麻酔で痛くないでしょうか?痛がる場合は飼主様一人でワンちゃんを抑えられるでしょうか?動くとレーザーが他の場所へ当たってしまいます。炭酸ガスレーザーは浸透力がトテモ弱く、ホンの表面だけを1万分の1秒ぐらい3000度以上に加熱出来ます。よって光に当たった部分は瞬時に太陽のように輝いて焼滅して煙になります。火傷の領域がトテモ浅く狭いので痛みが残りません。

針先よりも細いレーザー光線による手術はトテモ上手くいきました。もしかして全く感じていない様なワンちゃんの様子でした。人間の医療では顔面のホクロやイボなどの取り除き手術に使われますが、痛くなくて手術が可能と言う触れ込み通りでした。手にしたスライドグラスの上に取り除いた腫瘍が載っています。予定外の手術のストレスが心配でしたのでワクチンは、また別の日に延期する話でしたが、余りに調子が良いので、この日にワクチンも御打ちになりました。もしかしてワクチンの注射針の方が痛かったかもしれません、ゴメンネ。『えっ、何時の間にボクの腫れ物を取ったの?全然、気が付かなかったなー、でも、その後の注射の痛みは感じているんだからねー。今日はボク頑張ったから後で御馳走を出してくれるよねー?そうこなくっちゃ、ウヒヒ。』

飼主様のお話では、手術部位を全く気にしていないそうです。手術後3日目の様子です。兎に角、痛くないのが一番ペット達には有り難いですね!

傷口のアップです。周りも腫れたり赤くならずに、触っても痛く無さそうです。傷の表面はカサブタが付いています。念の為に家庭にある消毒剤を塗ってもらいました。7日ぐらいでカサブタ取れるでしょう。

炭酸ガスレーザー手術装置はトテモ高額な先端医療器具ですが、ABC動物病院ではニーズに応じて2台の人間用の本格的手術装置を用意しています。痛みが無い、火傷が無い、悪い部分だけを取り除く事が出来る、出血が殆んど無い、眼や顔面などデリケートな所に便利、電気ショックと違って心臓や脳神経にも負担が全く無い。などの理由で、苦痛を減らせる低侵襲(低リスク)手術には無くてはならない高度医療の手術手段です。

為るべく小さいうちに、出来れば発見して直ぐ、腫瘍は取り除きましょう!早期発見・早期切除

ABC動物病院の健康・医療のページ

ホームページのフロントへは下をクリックして下さい。