男の子でも乳癌に御注意ください!小さなシコリを見つけたらABC動物病院へ急いで下さい。

男の子のモルモットのチャッピーちゃんです。8才だそうです。おっぱいにシコリが出来て様子を見ている内に大きくなって表面が破けて出血を始めました。体重が以前より減ってきているそうです。放置しておくと更に悪化して死んでしまいますので、手術して救う事になりました。高齢ですので無事手術が成功できるでしょうか?

如何にも痛そうな状態です。乳腺の腫瘍(たぶん乳癌)ですが、オスの場合でも結構発生しますので為るべく小さなシコリの内に、ABC動物病院へ御連れ下さい。

困った事に丸々とした睾丸と並んでいますので、手術で腫瘍に飲み込まれた皮膚を取り除くと、傷口を縫い合わすのに大変困難になりそうです。

チャッピーちゃんはペットシーツは使っていなかったそうですが、何か発癌に関係する要素が他に隠れていないでしょうか?

手術がスタートしました。安全な麻酔が成功するでしょうか?心電図も付いて体の異常を見張ります。

乳癌の部分崩壊による大きな潰瘍が出来ています。この様な状態での出血は通常は御薬などでは止める事が出来ません。既に可也沢山の出血が続いたようです。痛みも強いようです。小動物では輸血が出来ませんので、無駄な出血は命取りです。血が出た分だけ確実に余計に体が弱ります。気を引き締めて行きましょう。

出血を防ぐために高周波メスで腫瘍を切り取りますが、大きな腫瘍の場合は血管が多くて、もともと健康な組織に血液を送っていた血管が腫瘍に乗っ取られているので、皮膚や皮下組織に血液が送れなくなります。

足の付け根に有るソケイ部の太い動脈が直接に腫瘍に血液を送っています。可也深い場所に血管が有りますので、慎重に奥の方を調べます。

今回の腫瘍の摘出で一番困った事は、大きな腫瘍が、張り詰めた睾丸とピッタリくっ付いている事です。睾丸を傷つけずに綺麗に腫瘍を外せるのか?それとも睾丸にも腫瘍が侵入しているのか?トテモ心配です。

何とか出血を防いで腫瘍と睾丸の分離に成功しそうです。

最後に残るのは血管の大元のソケイ部の大血管です

何とか無事に腫瘍の摘出に成功しました。でも、可也深い大きな穴が出来ました。直ぐ下にはパンパンに張った睾丸が有りまして其の周辺の皮膚は可也の張力が掛かっています。大きな傷を縫い合わすのには大変不都合な状態です。

腫瘍と共に、栄養を送っていた血管を失った皮膚には血液の循環が大変不足します。血が通わない部分は数日で壊死して脱落します。また細菌の感染にも弱いのですが、今回の手術した部位は、体の中で一番汚れやすい御尻の直ぐそばでした。

睾丸側の残った皮膚と、お腹の上方の残った皮膚は可也厚さに違いが有ります。また大きな腫瘍を取り出した後には大きな空洞が形成されています。確り皮膚を縫い付けて、また血管が血液を通わせる事が出来るように特別の配慮をして傷を閉じていきます。

何とか傷口が塞がりましたが、チャンと皮膚がくっ付くかは、血液の供給と循環・血管の新生・細菌感染の防止・内出血の防止などが必要です。

取り出した乳腺の腫瘍です。飼主様の同意を得て病理検査に出しました。、後日の報告書では、やはり乳腺癌の診断でした。

手術終了時点での様子です。目に力が未だありません。高齢なのに良く頑張ったね。此れから元気がドンドン戻ってくると良いのですが。

手術の翌日(手術後1日目)の様子です。お判りでしょうか?少し元気が出てきて居るのがわかりますか?目が生き生きしてきました。顔を触ると喜ぶようになりました。未だ痛いと思いますが、元気が出てきてホッとしました。

心配していた内出血や、張り詰めた傷口の縫合糸の脱落は無さそうです。今後とも上手く皮膚の癒合が進むと良いのですが。

手術後2日目です。傷口のアップです。モルモットは何故か?肛門の周囲が袋状になっていてウンチを2〜3個其処に貯めています。傷口が睾丸と、足の付け根に跨っていますので、トテモ歩きにくいのではないでしょうか?頑張ろうね。

今、体温計でお熱を測っています。足の裏のカカトに御注目ください。体に腫瘍や、化膿や、内臓の異常や、毒素の蓄積などのトラブルを抱えている場合は、犬や猫のようにクッション状のパッドを持たないモルモットではカカトに治りにくい傷が出来ます。

手術後3日目です。近づいたり触ったりすると張りのある声で甘える様になりました。多分手術前よりも痛みが減って来ているのだと思います。食欲も有るようです。市販のミックスフードが好きなようですが、チョッと添加物が多い食品ですので、発癌との関係も考えれば、気をつけましょう。ウッカリ油断すると癌の病気は再発したり、また別の所に出現します。人間と同様に健康で長生きするには、それなりの努力と投資も必要です。癌を撥ね退ける力を維持してください。

野菜だけでなく牧草をバリバリ食べてくださいね。野草も大変体に良いので、飼主様に頼んでタンポポやオオバコやハコベなども食べさせて貰いましょう。此れからは癌になりやすい癌体質を改善して、免疫力を為るべく上げる様に努力し続ける事が一番大切です。言うまでも無く植物繊維質と腸内善玉微生物を大切にして下さい。癌体質を改善してお腹の善玉微生物を保護するABC動物病院の特製のお薬をこれからも続けて飲ませて下さい。

ABC動物病院の健康・医療のページ

ホームページのフロントへは下をクリックして下さい。

モルモットの乳腺癌・乳腺腫瘍の手術