直線上に配置

私たちの医療の現場

全ての大切な命をお守りします。ABC動物病院では犬,猫,ウサギ,ハムスター,フェレット、モルモット、リス、プレーリードッグ、モモンガ、マウス、ラット、ジャービル、チンチラ、ヘッジフォッグ、飼い鳥、野鳥、コウモリ、草食動物、小型サル、野生動物、ヘビ、トカゲ、イグアナ、陸カメ、水棲カメ、爬虫類、両生類、有袋類、観賞魚、その他の動物において、高度専門知識を必要とする、診療/検査/治療/飼育指導が出来ます。                          治療困難と言われる高齢動物の衰弱や超小型動物の腫瘍や癌や大手術などでも手の施しようが無いなどと諦める事は有りません、より高度な健康回復治療や、より安全な臨床検査、より安全なガス麻酔システム、より安全な炭酸ガスレーザーマイクロ手術システムが、不可能を可能にします。     また殆どの場合手術しただけでは、命は助かるとは言えません。 弱りきった体に余計な負担は掛けられません。   どれだけ手術侵襲の少ない手術なのか?  (ガス麻酔の安全性・出血量の少なさ・痛みの少なさ・手術後の合併症の防止・老化や衰弱などにより下がり切った体力や生命力をどうやって回復させるか)など、多彩な弱い動物達の体の仕組みや生理機能について、より深く思い遣ってあげれるかによって、治療や手術の成功は託されています。                   ABC動物病院においては手術日当日にお見舞いしてもらいますが、飼い主の皆さんは大きな手術を切り抜けたばかりの御自分のペット達が予想に反して元気にバリバリ食べ始めている事に驚かれます。老齢の極小動物の腫瘍手術等では、大きな腫瘍を取り除いた場合でも、手術前よりも退院時や退院後数日の抜糸の時に体重の増加が必ず見られます。健康体に戻したり、近づけたり出来る高度な医療技術の現れだと言えるでしょう。
アイコン
アイコン
アイコン
トップ アイコン
ジャンガリアンの耳の癌です初めは小さく痛くもありませんが、放置するとこんなに酷くなって命をむしばみます。
此処まで酷いと耳ごとぎせいにすることになりますが可愛い命には代えられません。
耳の下のフクラミこれも耳の奥の腫瘍ですかなりたちのわるい腫瘍ですので早期の切除が必要です
これから耳の腫瘍の手術です。極小動物にも安全で優しいガス麻酔と炭酸ガスレーザー・マイクロ手術によって苦痛の少ない手術が出来ます。
もともと50〜60グラムあった体重がみるみるやせてきて今はたった30グラムになりました。でもこれから頑張って治してもらいます。
非常に珍しい症例ですがアレルギーによる痒みの余り自分で自分の皮膚を咬み破ってスッポリ剥がしてしまったジャンガリアンです。こんな状態でもまだ息をしていました
一体どうしたらこんな悲惨な事になったんでしょうか?体のあちこちに木のチップやウンチやオシッコやゴミがへばり付いています。
因幡の白ウサギもこんなだったんでしょうか?なんとか息の有る内に助けなければいけません。肌色に見えるのは皮下脂肪組織です。本人はショック状態でぐったりしています。
懸命な手術・治療のお陰で奇跡的に助かりました。縫い合わせた部分にはまだ毛が生えていませんが、スッカリ元気になりました。
ダイコクサマ有り難う。あっ違った飼い主様、神様有り難うボクはこんなに元気になったよ。もうパインチップは使わないでね。ボクかぶれちゃうから。
私達猫仲間にも評判が良いのよ、ABC動物病院だと、他のとこより緊張しないのよね。歯石だって麻酔なしで取ってくれるし、ほんと助かっちゃうわ。
言いたい事沢山有るんだけど,なかなか飼い主さんに解って貰えないのよね。ABCの先生だと私の気持ちを解って貰えるから、遠くから来た甲斐が有るって感じ、嬉しいわー。
その気持ち同感!私なんか滅多に喋れないんだからストレス溜まるのよ。最近歯が変な風に伸びちゃって、御飯が美味しくないの、でも優しい飼い主さんが歯を削りに連れて行ってくれるの。
私達小鳥のあいだでも結構人気よ!特に高齢による衰弱した仲間達がどんどん元気を取り戻してるみたい。何か秘密が有るんじゃないの?飼い主さんABCに連れって行ってねヨロシク。
私、お産の時にお腹の中で赤ちゃんが死んじゃって本当に大変だったの、危篤状態でABC動物病院に連れて行ってもらって緊急手術してもらったの。もうスッカリ元気になったのよ。
ヘビだからって皆さん嫌わないでよね。ボクだって患者さんなんだよー。最近食欲出ないなー。たまには日向ぼっこしたほうが良いかな?
ボクは皆さんの人気者、でも色んな病気になりやすいんだ。あんまり偏ったご馳走だとボク困るんだよね、農薬や防腐剤にも弱いんだよね。そこんところヨロシクネ。
各種の保険OKです。デビットカード・クレジットカードOKです。
病院の御案内
トップページに戻る
皆様のペットの健康維持のために
私達の医療の現場
ABC動物病院の健康・医療のページ
ABC動物病院の健康・医療のページ

ホームページのフロントへは下のアンダーラインをクリックして下さい。